合成生物学についてのドキュメンタリー本を読んで考えた

昨日の午後は午前から引き続き読書をしました。
やることはたくさんあるのですが、この日の仕事のノルマはすでに終わっていましたし、今はこの本を読むのが大事だと思っているのでそれに集中します。
その本は合成生物学というものが産まれどういう人や組織が関わっているかを調査したドキュメンタリーです。
作者は日本の新聞社に勤めている方でアメリカの大学に留学したことから合成生物学を知り興味を持ちました。
合成生物学とは生命を一から設計して誕生させる学問ですでに成功している方がいます。
それにより規格化された生命を作りだして様々な実験に使い、より生命を上手く利用できるようになるそうです。
世界では伝染病を持つ蚊の子供を作れなくする遺伝子を持つ蚊を放つなどして成功しているそうですが、いずれは普通の人でも自分で声明を作れるようになるのではないでしょうか。
世界中でハッカーによる犯罪が起こっていることを思えば合成生物学を使った犯罪だって当然起こるでしょう。
地球上の生命の危機を感じたのでやはりその知識は制限されるべきかなと思いました。医療脱毛 オススメ