独身時代のブランドものバッグの使い道とは

今は専業主婦をしている私ですが、独身時代は出版社に勤務しており給料もボーナスも人並みにもらっていました。
自宅から通勤していたので、働いて得たお金はすべて自分のものとなります。
ブランド物のバッグやアクセサリーを購入したり、旅行や女子会の費用に使っていました。
当時、購入したブランド物のバッグは一つ数万円もする高価なものばかりです。
主婦になってからは、使う機会もなくてずっと押し入れの隅に追いやられていました。
「このままタンスの肥やしになるのかな」と思っていたのですが、友人から「買い取りサイト」があることを教えてもらい、さっそく試してみました。
何十年も前のブランドバッグなので正直なところ値段が付くのか心配でしたが、査定してもらった結果は想像以上の高値が付きました。
このまま家に置いていても使うこともないしと思い、売却してそのお金で家族で旅行に出かけました。
思い出の品はなかなか手放すことが難しいとは思いますが、タンスの肥やしにしておくよりは、有効的なものに使った方がよいと思いました。http://www.canhonhadatsg.com/