一人で合宿に参加する娘に成長を感じました

小学2年生の娘は昨年から剣道クラブに入っています。それ以前からお兄ちゃんが剣道クラブに入っていてそれを見に行っているうちに先生に誘われたのがきっかけでした。最初の頃はまだ1年生という事もあり、お兄ちゃんたちが中央で打ち合いしているなか、道場の隅の方で低学年の子供たち数人と素振りをしているだけでしたが、今年に入り面と胴のおさがりをもらい、恰好だけはチビ剣士という感じになっていました。そんな娘が先日の土日に剣道の合宿に参加してきました。土曜の午後から練習して研修施設に一泊し、翌日また午前中に練習というミニ合宿でしたが、親同伴ではなく一人での参加なのでかなり心配していました。指導してくれる2人の先生がご夫婦という事もあり、奥さんの方が娘をかわいがってくれていたので、面倒を見てくれるのですが、娘も先生がいるから大丈夫ということで、他の子と一緒に一人で参加しさせました。親の心配をよそに、娘は楽しく合宿をしてきたようで、他の地域のクラブの女の子と友達になったよと嬉しそうに報告してくれました。まだ2年生だと思っていた娘もずいぶん成長しているんだなと思った瞬間でした。