日本人選手の活躍が際立つフィギュアスケート

ここ数年で、フィギュアスケートにおいて日本人選手が優秀な成績を収めたりすることが多くなってきました。
勝負事というか、世界中の人たちが切磋琢磨してその頂点を狙っているのだから、優勝したりするのもそう簡単なことではありません。
ときにはメダルや表彰台を逃したり、あるいはプレッシャーなどから満足のいく演技をすることができなかったりと悔しい思いをすることもあるでしょう。
それでも、試合のたびに出場する選手にはメダルの期待がかかり、その強さには見張るところがあります。
フィギュアスケートはもちろんれっきとしたスポーツではありますが、他のどの競技よりも芸術的要素が多いような気がします。
もともと日本人は、欧米の人に比べると表現力が乏しいと言われたりすることがありますが、それでもこうして立派な成績を築いています。
なので、フィギュアスケートの世界で日本人がこれだけの強さを示すことのできる原因というか、背景はどこにあるのだろうと、ふと思ってしまうんですよね。
例えば、ピアノやバイオリンのコンクールなどでは、まだまだ日本人が世界のトップに立つというのは極めて稀なことです。
サッカーや野球、陸上競技においても、それほどよくあることではないのですが、なぜフィギュアスケートにはこれだけ強いのでしょうか。アコム キャッシング