白髪は人生の刻印と諦め、自分の中で受け入れていきたい

約1年程前から白髪が生えてきた。いや正確に言うと白髪の存在に気づいたと表現した方がいいかも知れない。私は今まで白髪とは無縁だったので、気づいた時は本当にショックだった。余りの混乱ぶりの為か、周りの上司、同僚、後輩、友人にも相談しまくった。しかし皆一様に白髪があるという事も初めて知り、少し胸を撫で下ろした覚えがある。
あれから半年以上が経過したが、まだまだよく探さないと見つからない程、隠れた部分にしか生えてはいない。ただ間違っても自分で強引に抜くという事はしたくない。頭皮に刺激を与えると、その周りから余計に白髪が生えてくると専門家も言っているし、実際そうしたら一気に白髪が増えたという話も聞くからだ。
ただふと思い返せば、私ももう38歳。白髪が数本生えていても不思議ではない年齢に差し掛かっている。いつまでも自分だけ白髪が生えないという根拠の無い幻想を払拭し、 白髪を自然に受け入れ、上手く人生の一部分として融和させていく生き方をしていきたい。

オリーブオイルを、薬だと思って飲んでみてください

先日、少し遅れで、わたしの誕生日のお祝いにと、母がランチに招待してくれました。
新聞の広告欄で、母が見つけたフランス料理店でした。小さなお店で、テーブル席が4つと、あとはカウンター席です。
お料理は、どれも上品なお味で、いつも単純な味付けのものして、食べていないわたしには、どう表現すればいいのか、ちょっと困るような繊細なお味でした。

そのお店のマスターが、オリーブオイルの効能を熱心に話して聞かせてくれました。
ご自身も、何度か病気を経験されているそうですが、オリーブオイルを(ティースプーン2杯くらい)飲むようになってから体調が良くなったそうです。
正直、わたしにはオリーブオイルを飲むなんて、想像しただけでも気持ち悪くなりましたが、ものは試しと思い、オリーブオイルを1本買って帰りました。

オーナーが、「オリーブオイルを、薬だと思って飲んでみてください」と言っていましたが、やはりわたしには飲みにくいです。
そこで、できるだけ料理に使ってみることにしました。
母のおススメは、焼いたパンにオリーブオイルをつけて食べることです。今度、試してみようと思います。

オリンピック競技が見送られることになって良かった

オリンピックのボートですが、宮城の会場は見送るかも知れないという話になっているみたいです。
地元の人は残念がっている人もいるようなのですが、オリンピックが来てくれるのってそんなに嬉しい物なのでしょうか。
商売をしている人は繁盛するから嬉しいのかも知れませんが、一般人目線から言わせて頂くとそんなに嬉しいなとは感じません。
実は私の地元も見送ることにはなったようですが、オリンピックのある競技を開催するかも知れないというそんな話が少し前に出ていました。
正直見送りが決定したみたいでほっとしています。
だってオリンピックなんて行われたりしたら道路は大渋滞することでしょう。
ただでさえ、平日でも凄い渋滞が多い地域もあるのにその何倍も車が来ると思ったら想像するだけで恐ろしいです。
外国の方も沢山来るでしょうし、地元に外国語が話せるスタッフのいる店が多いとも思えません。
ちょっと地方に呼ぶのには色々無理があるんじゃないかなと思うのです。アリシアクリニック 永久脱毛